はじめに
 トレーナーズ
 トレーナーズ資格取得カリキュラム
 セミナー等スケジュール
 セミナー申込フォーム
  reash toptopaccesssitemaptoiawase
bar01
  reash image
 
 
REASH理論とは
代表profile
活動報告
支部紹介
REASHラボ
プライベート
リンク
各種セミナー・レッスン
4スタンス理論については
4スタンス倶楽部
REASH理論を生かした整体施術院
廣戸道場
facebook
取材・講演などの依頼はこちら
 
 
 公式レッシュ・トレーナー規約補則
 

平成28年9月15日

*レッシュ・トレーナー資格の昇級・更新について
*各種セミナー、レッスンのキャンセルおよび料金返還
*各トレーナー資格に許可される指導等の活動
*4スタンスタイプの判定に関する注意
*雑誌、インターネットなどメディアでの発信、被取材等
*広告・看板・名刺などの表記
*レッシュ・プロジェクトからの通知について

「公式レッシュ・トレーナー規約」
「トレーナー各階級権利比較表」

 

【レッシュ・トレーナー資格の昇級・更新について】

 「公式レッシュ・トレーナー規約」
以下を併せてお読みください。
 第3条 レッシュ・トレーナー資格維持(更新)
 第4条 レッシュ・トレーナー資格認定(上位階級への昇級)

 4スタンス理論を含むレッシュ理論は、理論の本質そのものは不変でも、その指導の方法については日々進化、深化しています。時節に適った、その時々で求められる方法でレッシュ理論を提供していくため、公式レッシュ・トレーナー(メンバー会員も含む。以下同様)
は、常にレッシュ理論の知識、技術を最新のものへとアップデートさせていなければなりません。そのため一般社団法人レッシュ・プロジェクトでは、更新セミナーや更新試験などを用意し、定期的なレッシュ・トレーナー資格の更新手続きを義務付けています。資格を有効に活用するために、また、常に最新の指導メソッドを提供するために、それぞれの資格有効期限内に効率よく更新の手続ないしは昇級のカリキュラムを受けましょう。
 なお、それぞれの資格の有効期限内に当該セミナー受講又は当該試験を受験しない場合には、その時点で保有している階級資格は失効し、同日に1階級下の資格を認定されたものとして扱われますので注意してください。また、その場合の資格有効期限は、1階級下の資格認定日より12か月(1年)後の最終月末日となります。
 下記は、入会直後のメンバー会員から、公式レッシュ・トレーナー資格制度をステップアップしていく入り口にあたるプレイヤー級資格の認定から、最上級資格のセラピーマスター級資格の更新まで順に各有効期限を記したものです。

1 [プレイヤー級認定セミナー] 現時点資格:無し
 受講期日の限定はありません。
 プレイヤー級トレーナー資格の有効期限、更新セミナーの受講義務もありません。

2 [初めてのコーチ級昇級セミナー] 現時点資格:プレイヤー級
 プレイヤー級資格保有者が、コーチ級を目指すためのコーチ級昇級セミナーは、AとBから成っています(2016年度現在)。AとBの受講順序に制約はなく、どのセミナーからでも受講いただけますが、内容を鑑み[A]からの受講を推奨いたします。
 初めて受講するコーチ級昇級セミナー受講の期日に関する限定はありません。

 例:プレイヤー級トレーナーのXさんは、2016年9月15日にコーチ級昇級セミナーA・BのうちBを受講した。

3 [最後のコーチ級昇級セミナー] 現時点資格:プレイヤー級
プレイヤー級保持者が、すでにコーチ級昇級セミナーA・Bのうちどちらかの1セミナーを受講した場合、A・Bの残りの1セミナーの受講期限は、先に受講したコーチ級昇級セミナー受講日から12か月(1年)後の最終月の末日です。
すべてのコーチ級昇級セミナーの受講を完了した時点で、コーチ級認定1次試験の受験資格を得ます。

 例:プレイヤー級トレーナーで、2016年9月15日にコーチ級昇級セミナーA・BのうちBを受講したXさんの、残りのコーチ級昇級セミナー(B)の受講期限は、2017年9月30日。

4 [コーチ級認定1次試験] 現時点資格:プレイヤー級
 受験期限は、コーチ級昇級セミナーのうち最後の昇級セミナーを受講した日から6か月後の最終月末日です。ただし、この期限よりも、最初のコーチ級昇級セミナー受講日の12か月後の最終月末日のほうが遅い場合には、後者の期限が有効となります。

 例1:プレイヤー級トレーナーで、2016年9月15日にコーチ級昇級セミナーA・BのうちBを受講し、2017年8月15日にAを受講したXさんのコーチ認定1次試験の受験期限は、2018年2月28日。

 例2:プレイヤー級トレーナーで、2016年9月15日にコーチ級昇級セミナーA・BのうちBを受講し、2016年11月15日にAを受講したYさんのコーチ認定1次試験の受験期限は、2017年9月30日。

5 [コーチ級認定1次試験が不合格だった場合の再試験] 現時点資格:プレイヤー級
 受験期限は、不合格となったコーチ級認定1次試験日から6か月後の最終月末日です。2度以上の不合格の場合も同様です。ただし、この期限よりも、最初のコーチ級昇級セミナー受講日の12か月後の最終月末日のほうが遅い場合には、後者の期限が有効となります。

 例1:2016年9月15日に最初のコーチ級セミナーを受講し、2018年1月20日にコーチ級認定1次試験を受験したが不合格となったXさんの再試験の受験期限は、2018年7月31日。

 例2:2016年9月15日に最初のコーチ級昇級セミナーを受講し、2016年12月20日にコーチ級認定1次試験を受けたが不合格となったYさんの再試験の受験期限は、2017年9月30日。

6 [コーチ級認定2次試験] 現時点資格:プレイヤー級
 受験期限は、コーチ級認定1次試験の合格日から6か月後の最終月末日です。ただし、この期限よりも、最初のコーチ級昇級セミナー受講日の12か月後の最終月末日のほうが遅い場合には、後者の期限が有効となります。

 例1:2016年9月15日に最初のコーチ級セミナーを受講し、2018年5月15日にコーチ級セミナー認定1次試験に合格したXさんの、コーチ級認定2次試験の受験期限は、2018年11月30日。

 例2:2016年9月15日に最初のコーチ級昇級セミナーを受講し、2017年2月20日にコーチ認定1次試験に合格したYさんの、コーチ級認定2次試験の受験期限は、2017年9月30日。

7 [コーチ級認定2次試験が不合格だった場合の再受験] 現時点資格:プレイヤー級
 受験期限は、不合格となったコーチ級認定2次試験日から6か月後の最終月末日です。2度以上の不合格の場合も同様です。ただし、この期限よりも、最初のコーチ級昇級セミナー受講日の12か月後の最終月末日のほうが遅い場合には、後者の期限が有効となります。

 例1:2016年9月15日に最初のコーチ級セミナーを受講し、2018年2月20日にコーチ級認定2次試験を受験したが不合格となったXさんの再試験の受験期限は、2018年8月31日。

 例2:2016年9月15日に最初のコーチ級昇級セミナーを受講し、2017年1月20日にコーチ級認定2次試験を受けたが不合格となったYさんの再試験の受験期限は、2017年9月30日。

8 [コーチ級更新セミナー] 現時点資格:コーチ級
 受講期限は、コーチ級認定2次試験合格日(コーチ級資格取得日)から12か月(1年)後の最終月末日です。2年目以降は、最後のコーチ級更新セミナー受講日から12か月(1年)後の最終月末日です。

9 [初めてのマスター級昇級セミナー] 現時点資格:コーチ級
 マスター級を目指す際に必須のマスター級昇級セミナーは、A・B・Cから成っています(2016年度現在)。受講順序に制約はなく、どのセミナーからも受講いただけますが、内容を鑑み[A]からの受講を推奨いたします。
 受講期限は、コーチ級資格認定日(コーチ級認定2次試験合格日)、または最後のコーチ級更新セミナー受講日から12か月後の最終月末日です。ただし、同期限までに、すべてのマスター級昇級セミナーを受講し終えなければなりません。効率よく日程を組んで受講して下さい。

 例1:2018年1月15日にコーチ級認定を受けた(コーチ認定2次試験に合格した)Vさんのすべての必須マスター昇級セミナー受講完了期限は、2019年1月31日。

 例2:2018年3月15日にコーチ級更新セミナーを受講したTさんのすべての必須マスター昇級セミナー受講完了期限は、2019年3月31日。

9 [最後のマスター級昇級セミナー] 現時点資格:コーチ級
 受講期限は、コーチ級資格認定日(コーチ級認定2次試験合格日)、または最後のコーチ級更新セミナー受講日から12か月後の最終月末日です。

10 [マスター級認定試験] 現時点資格:コーチ級
 受験期限は、マスター級昇級セミナーのうち最後の昇級セミナーを受講した日から6か月後の最終月末日です。ただし、この期限よりも、コーチ級資格認定日(コーチ級認定2次試験合格日)、または最後のコーチ級更新セミナー受講日からの12か月後の最終月末日のほうが遅い場合には、後者の期限が有効となります。

 例1:コーチ級トレーナーで、2016年9月15日にコーチ級認定試験に合格し、2017年8月15日に最後のマスター級昇級セミナーを受講し終えたSさんのマスター級認定試験の受験期限は、2018年2月28日。

 例2:コーチ級トレーナーで、2016年9月15日にコーチ級認定試験に合格し、2017年2月15日に最後のマスター級昇級セミナーを受講し終えたRさんのマスター級認定試験の受験期限は、2017年9月30日。

11 [マスター級認定試験が不合格だった場合の再試験] 現時点資格:コーチ級
 受験期限は、不合格となったマスター級認定試験日から6か月後の最終月末日です。2度以上の不合格の場合も同様です。ただし、この期限よりも、最初のマスター級昇級セミナー受講日の12か月後の最終月末日のほうが遅い場合はこちらの期限が有効となります。

 例1:2016年9月15日に最初のマスター級セミナーを受講し、2018年1月20日にマスター級認定試験を受験したが不合格となったQさんの再試験の受験期限は、2018年7月31日。

 例2:2016年9月15日に最初のマスター級昇級セミナーを受講し、2017年2月20日にマスター級認定試験を受けたが不合格となったPさんの再試験の受験期限は、2017年9月30日。

12 [マスター級更新セミナー] 現時点資格:マスター級
 受講期限は、マスター級認定試験合格日(マスター級資格取得日)から12か月(1年)後の最終月末日です。2年目以降は、最後のマスター級更新セミナー受講日から12か月(1年)後の最終月末日です。
 マスター級更新セミナーにおいては、同級維持試験が実施されます。同試験の合格を以て以後12か月(1年)間のマスター級資格維持を認めます。

13 [マスター級更新セミナーの更新試験に不合格だった場合の再試験] 現時点資格:マスター級
 再受講の期限は、不合格となったマスター級更新セミナー受講日から3か月後の最終月末日です。2度以上の不合格の場合は、最後の不合格日から3か月後の最終月末日です。
 
*マスター級更新セミナーの更新試験に不合格の場合は、受験日から3ヵ月後の最終月末日までマスター級資格は維持されます。2度以上の不合格の場合は、最後の不合格となった受験日から3ヵ月後の最終月末日まで維持されます。この期限を過ぎますとマスター級資格は失効
し、同日にコーチ級資格が認定されたものとして扱われます。有効期限はコーチ級資格認定日より12か月(1年)後の最終月末日です。再度マスター級昇級を目指す際はこの期限内に、
コーチ級トレーナーとして、必須のマスター級昇級セミナーをすべて受講する時点からやり直すことになります。

14 [セラピーマスター級認定試験] 現時点資格:マスター級
 2016年時点において、セラピーマスター級トレーナー資格は、レッシュ理論の創案者である廣戸聡一の主宰する有限会社廣戸道場の施術スタッフ、もしくは廣戸聡一の特別審査によって認められた者に認定されています。従って一般社団法人レッシュ・プロジェクトの定める昇級セミナーや認定試験はありません。ただし、認定は一般社団法人レッシュ・プロジェクトが行うものとし、取得1年目からセラピーマスター級更新セミナーの受講が義務付けられます。

15 [セラピーマスター級更新セミナー] 現時点資格:セラピーマスター級
 受講期限は、セラピーマスター級トレーナーとして認定された日(セラピーマスター級資格取得日)から12か月(1年)後の最終月末日です。2年目以降は、最後のセラピーマスター級更新セミナー受講日から12か月(1年)後の最終月末日です。
 セラピーマスター級更新セミナーにおいては、同級維持試験が実施されます。同試験の合格を以て以後12か月(1年)間のセラピーマスター級資格維持を認めます。

16 [セラピーマスター級更新セミナーの更新試験に不合格だった場合の再試験] 現時点資格:セラピーマスター級
 再受講の期限は、不合格となったマスター級更新セミナー受講日から3か月後の最終月末日です。2度以上の不合格の場合は、最後の不合格日から3か月後の最終月末日です。

*セラピーマスター級更新セミナーの更新試験に不合格の場合は、受験日から3ヵ月後の最終月末日までセラピーマスター級資格は維持されます。2度以上の不合格の場合は、最後の不合格となった受験日から3ヵ月後の最終月末日まで維持されます。この期限を過ぎますとセラピーマスター級資格は失効し、同日にマスター級資格が認定されたものとして扱われます。有効期限はマスター級資格認定日より12か月(1年)後の最終月末日です。

 

【各種セミナー、レッスンのキャンセルおよび料金返還】

[受講・受験申込み締切]
 レッシュ・プロジェクトで定めた各種のセミナー、試験およびレッスンなどのイベントにつきましては、ホームページ等で特に告知する場合はそれに従いますが、そうでない場合には、原則として開催日時の1か月前から申込み開始、土日祝日を除く8日前が申込みの締切りとなります。

[料金支払い]
 受講、受験の申込み後に、所定の方法で料金をお支払いいただきます。各セミナー、試験及びレッスン等のイベントによって支払方法が異なりますので必ず事前にご確認ください。

[キャンセルにおける料金の返還]
 キャンセルおよび料金の返還につきましては、イベントの土日祝日の除く営業日前日までにレッシュ・プロジェクトにその旨の通知が到達したものに限り対応いたします(例:日曜日開催のイベントのキャンセル締切は前金曜日)。早目の連絡を心掛けてください。
 当日のキャンセルについては、原則として料金の返金は行いません。事故など正当な理由のある場合は考慮させていただく場合もございますので、レッシュ・プロジェクト事務局までご相談ください(その際、欠席理由を証明できるものの提示を条件とさせていただくことがございます)。当日の無断欠席に関しましては、いかなる理由によりましても返金に応じかねますのでご了承ください。

 

【各トレーナー資格に許可される指導等の活動】

 「公式レッシュ・トレーナー規約」
以下を併せてお読みください。
 第5条 各階級公式トレーナーの主な権利
 第6条 団体・組織に所属する公式レッシュ・トレーナーの活動規約
 第7条 レッシュ・トレーナー全般規則

 コーチ級以上の公式レッシュ・トレーナーは、他人に対するレッシュ理論を活用した公式の指導を行なうことが出来ます。また、マスター級以上のレッシュ・トレーナーは、有償のセミナー、レッスンなどを開催することも可能です。公式レッシュ・トレーナーの資格を有効に活用して、4スタンス理論などを他の皆様へ積極的に指導しましょう。

[プレイヤー級のできる指導]
 プレイヤー級トレーナーは、公式トレーナー資格の保有者ではありますが、原則としてレッシュ理論の活用は自身に対するもののみが認められます。一般社団法人レッシュ・プロジェクト公認のプレイヤーとして、自身の豊かな日常生活等のために、レッシュ理論を存分に活用ください。
 プレイヤー級認定セミナーにおいては、他者に対する指導の技能を内容に折り込んでおりません。また4スタンスタイプ・チェックについて方法の指導がされたとしても、他者へのチェック技能を十分に有するまでの指導内容ではありません。他者に対する指導ないし4スタンスタイプ・チェックを希望する場合には、必ず上位のコーチ級、マスター級、セラピーマスター級への資格昇級を目指してください。

[コーチ級トレーナーによるレッシュ理論の指導]
 コーチ級トレーナーは、無償で行う場合に限り、他者に対してレッシュ理論に基づいたレッシュ・プロジェクト公式の指導を行うことが出来ます。
 マスター級以上のトレーナーの主催・運営によるセミナー、レッスンなどのイベントにおいて、かつ、マスター級以上トレーナーの直接的な立会いの下(監督下)であれば、アシスタントとして指導を補佐することが認められます。しかし、有償によるレッシュ理論指導を運営する組織内にマスター級以上のトレーナーが所属していても、同トレーナーの直接的な立ち合いがなければ、コーチ級トレーナーはレッシュ理論の指導はできません。
 上記のように指導が認められる場合でも、コーチ級トレーナーは、原則としてレッシュ理論指導に対する報酬を受け取ることはできません。レッシュ理論指導にかかわらない、イベント等での運営に関するサポートの報酬などは認められる場合がありますので、個々の事案については、事務局までご相談ください。

 コーチ級の公式レッシュ・トレーナーは、他者全般に対して無償で4スタンスタイプ・チェックを行なうことができます。ただし、この判定結果を「コーチ級判定結果」として被験者に伝えてください。さらに、マスター級以上トレーナーもしくは有限会社廣戸道場の施療(医業行為に至らないもの。以下同じ)によるチェックを受け確認することを推奨する旨を被験者に伝えてください。万が一複数のタイプチェックの判定が異なった際は、セラピーマスター級(廣戸道場による施療)→マスター級トレーナー→コーチ級トレーナーの順で優先されます。万が一誤判定などがあった際の責任は、これを行った試験者(トレーナー)本人が負うものとします。
 被験者の健康に関わるデリケートな事案であることを鑑み、慎重かつ厳密に取り扱ってください。

*一般企業、公的機関に所属するトレーナによる組織内での指導について:
 営利を目的とする一般企業、あるいは教育機関などの公的組織に所属するかを問わず、自身の所属する組織内で公式コーチ級レッシュ・トレーナーとして指導を行う際には、必ず事前にレッシュ・プロジェクト事務局まで活動内容を報告しなければなりません。
原則として、組織内での指導に対する報酬は、臨時手当等の直接的報酬、給料などの間接的な報酬のいずれかを問わず、得ることは認められません。名称の如何を問わず、公式レッシュ・トレーナーとしての指導に対して対価を得るためには、マスター級以上の資格が必要です。
 また、コーチ級トレーナーが所属する組織が、当該トレーナーの指導を標榜して広報活動を行ってはなりません(組織から要請された場合には必ず断るようにしてください)。組織の広告、看板などに登録商標である「4スタンス(理論)」などの名称を用いるためには、一般社団法人レッシュ・プロジェクトとの別途の契約の締結が必要となります。
さらに、契約によって「4スタンス」等の登録商標の掲載が許可されている場合でも、組織全体が「4スタンス理論」を含むレッシュ理論を活用しているかのような印象ないし誤解を与えるおそれのある掲示を行うことも認められません。あくまで同組織に公式レッシュ・トレーナーが所属している旨の掲示のみが許容され、レッシュ理論の指導は資格を有する公式レッシュ・トレーナーのみが行う旨の明確な掲示や現場での説明の徹底等が必要です。
また、当該組織の看板や広告等に、公式レッシュ・トレーナーの所属人数および氏名の掲載を求めることがあります。

[マスター級トレーナーによるレッシュ理論の指導]
 マスター級トレーナーは、有償でレッシュ・プロジェクト公式の指導を行うことができます。また、レッシュ・プロジェクト事務局からの依頼のある場合に限り、プレイヤー級認定セミナー、コーチ級資格更新セミナー、コーチ級昇級セミナー、コーチ級認定試験の講師および試験官を務めることができます。ただし、以上のイベントを自ら主催することはできません。
 マスター級トレーナーは、他者への4スタンスタイプ・チェックも行うことができます。また、あくまで自己の監督が及ぶ範囲ですが、他のコーチ級トレーナーに他者への4スタンスタイプ・チェックを行わせることができます。ただし、その判定責任は、当該マスター級トレーナーが負うことになりますので、必ず自らも当該被験者へのタイプ・チェックを行って確認するようにしてください。
 マスター級トレーナーは、一般的な「4スタンス理論セミナー」、自分の専門分野にレッシュ理論を活かしたセミナー、レッスンなどを主催し、受講者から料金を得ることができます。

*一般企業、公的機関に所属し組織内で指導することについて:
 営利を目的とする一般企業、あるいは教育機関などの公的組織のいずれに所属するかを問わず、自身の所属する組織内で公式マスター級レッシュ・トレーナーとして指導を行なう際は、必ず事前にレッシュ・プロジェクト事務局まで活動内容を報告しなければなりません。
 また、マスター級トレーナーが所属する組織は、その広報活動において公式レッシュ・トレーナーが所属する旨を掲示することは可能ですが、「4スタンス(理論)」は登録商標であり、それらの名称、呼称ないし理論体系(及びそれらと実質的に同内容又は同内容であるとの誤認を生じる可能性のある名称、呼称ないし理論体系を含む)を使用する際は、一般社団法人レッシュ・プロジェクトと協議し、必要に応じて契約を締結することが必要となります。また、契約によって「4スタンス」等の登録商標の掲載が許可されている場合でも、組織全体が「4スタンス理論」を含むレッシュ理論を活用している旨のミスリードを誘う掲示はできません。あくまで同組織に公式レッシュ・トレーナーが所属している旨の掲示となり、レッシュ理論の指導は公式レッシュ・トレーナーのみが行う旨の明確な掲示及び現場での説明の徹底が必要です。
また、当該組織の看板や広告等に、公式レッシュ・トレーナーの所属人数および氏名の掲載を求めることがあります。

[セラピーマスター級トレーナーによるレッシュ理論の指導]
 セラピーマスター級トレーナーは、有償でレッシュ・プロジェクト公式の指導を行なうことができます。また、レッシュ・プロジェクト事務局からの依頼のある場合にかぎり、プレイヤー級認定セミナー、コーチ級資格更新セミナー、コーチ級昇級セミナー、コーチ級認定試験、マスター級資格更新セミナー、マスター級昇級セミナー、マスター級認定試験の講師および試験官を務めることができます。ただし、以上のイベントを自ら主催することはできません。
 セラピーマスター級トレーナーは、他者への4スタンスタイプ・チェックも行うことができます。また、あくまで自己の監督が及ぶ範囲内ですが、他のコーチ級トレーナーに他者への4スタンスタイプ・チェックを行なわせることができます。ただし、その判定責任は、当該セラピーマスター級トレーナーが負うことになりますので、必ず自らも当該被験者へのタイプ・チェックを行って確認するようにしてください。
 セラピーマスター級トレーナーは、一般的な「4スタンス理論セミナー」、自分の専門分野にレッシュ理論を活かしたセミナー、レッスンなどを主催し、受講者から料金を得ることができます。
 セラピーマスター級トレーナーは、有償で、レッシュ理論を活用しての他者への施療行為を行うことができます。これらの詳細は、有限会社「廣戸道場」主宰である廣戸聡一の指
示、許可及び監督等の下で行われる必要があり、同人からの指示等には速やかに従ってください。

*一般企業、公的機関に所属し組織内での指導について:
 営利を目的とする一般企業、あるいは教育機関などの公的組織のいずれに所属するかを問わず、自身の所属する組織内で公式セラピーマスター級レッシュ・トレーナーとして指導および施療行為を行う際は、必ず事前にレッシュ・プロジェクト事務局まで活動内容を報告しなければなりません。
 また、セラピーマスター級トレーナーが所属する組織は、その広報活動において公式レッシュ・トレーナーが所属する旨を掲示することは可能ですが、「4スタンス(理論)」は登録商標であり、それらの名称、呼称ないし理論体系(及びそれらと実質的に同内容又は同内容であるとの誤認を生じる可能性のある名称、呼称ないし理論体系を含む)を使用する際は、一般社団法人レッシュ・プロジェクトと協議し、必要に応じて契約を締結することが必要となります。また、契約によって「4スタンス」等の登録商標の掲載が許可されている場合で
も、組織全体が「4スタンス理論」を含むレッシュ理論を活用している旨の印象や誤解等を生じる可能性のある掲示はできません。あくまで同組織に公式レッシュ・トレーナーが所属している旨の掲示となり、レッシュ理論活用の指導は公式レッシュ・トレーナーのみが行う旨の明確な掲示及び現場での説明の徹底が必要です。
また、当該組織の看板や広告等に、公式レッシュ・トレーナーの所属人数および氏名の掲載を求めることがあります。

[有償で開催するセミナー、レッスンなどのレッシュ・プロジェクト事務局への報告]
 レッシュ・トレーナーがレッシュ理論を活用し、有償でセミナー、レッスンを行なう際
は、必ず事前にレッシュ・プロジェクト事務局へ事前に報告をしなければなりません。
また、仮に無償であっても、一般企業、公的機関に関わらず組織に所属し、同組織内で公式レッシュ・トレーナーとして活動する際には、同じく事前にレッシュ・プロジェクト事務局へ活動内容を報告し、許可を得ていただく必要があります。
イベントや企画等の規模、形態、内容によっては、一般社団法人レッシュ・プロジェクトと契約を締結していただく必要が生じますので、必ず事前にレッシュ・プロジェクトに報告のうえ、活動内容詳細を掲載した報告書を提出するようにしてください。
 イベント等の事前報告は原則として開催の1ヶ月以上前までに提出ください。イベントの開催が報告時から1か月以内となってしまった場合は、レッシュ・プロジェクト事務局に直接速やかに連絡し、指示等を仰ぐほか、報告の遅れた理由の説明とイベント活動内容を報告するようにしてください。イベント等の開催に関する報告が遅れたり、怠ったりした場合には、他の違反と同様、に「レッシュ・トレーナー規約に反する行為」として罰則(処分)が科せられる場合があります。
 イベント等に関する事前報告書は、指定のイベント開催事前報告書を下記リンク先から入手するか、もしくは同等の内容が記入された書類(書式は任意)を提出してください。
 イベントの事後に報告するイベント開催事後報告書は、必ずしも提出の義務はありませんが、レッシュ・プロジェクト活動全般に関する有効な資料となりますので、積極的な提出に協力ください。

イベント開催事前報告書

 

【4スタンスタイプの判定に関する注意】

 「公式レッシュ・トレーナー規約」
以下を併せてお読みください。
 第5条 各階級公式トレーナーの主な権利

 レッシュ理論、4スタンス理論の広い普及に伴い、一般の方々からの4スタンスタイプの判定に関する問合せが増えています。一般社団法人レッシュ・プロジェクトは、公式のレッシュ・トレーナーの育成、トレーナー資格の認証を行っており、弊法人の定める所定の過程を修了し、認定を受けたトレーナーは、階級に応じて他人の4スタンスタイプの判定等を行うことができます。
 但し、4スタンスタイプの判定は、その正確性の如何が被験者の健康を左右する可能性のある極めてデリケートな行為であることをくれぐれも留意ください。

[タイプチェックを受ける被験者への伝達事項]
 ヒトは生来、それぞれが特定の4スタンスタイプを有しています。原則として4スタンス・タイプは生涯変更されることはありません。また、ヒトの身体は、長年の生活習慣、特定の動作訓練など日常の生活のなかで歪みが生じることも珍しくありません。
身体の歪み具合や特性動作へ慣れ具合により様々ですが、4スタンスタイプ・チェックが正常に機能しないケースも存在します。有限会社廣戸道場においては、身体の歪みを矯正する施療を通じ、クライアントの4スタンスタイプを判定しますので万全ですが、充分な準備や歪みの矯正がままならない状況下での4スタンスタイプ・チェックには、4スタンスタイプ・チェック技能自体は十分であっても、場合によっては誤判定が起こりうる可能性もあることをご理解いただきたい旨、被験者に対して事前に説明を行なってください。

[コーチ級トレーナーが行なう4スタンスタイプ・チェック]
 コーチ級の公式レッシュ・トレーナーは、他者全般に対して4スタンスタイプ・チェックを行うことができます。ただし、この判定結果を「コーチ級判定結果」として被験者に伝えてください。さらに、マスター級以上トレーナーもしくは有限会社廣戸道場の施療によるチェックを受け確認することを推奨する旨を被験者に伝えてください。万が一複数のタイプチェックの判定が異なった際は、セラピーマスター級(廣戸道場による施療)→マスター級ト
レーナー→コーチ級トレーナーの順で優先されます。万が一誤判定などがあった際の責任は試験者本人が負うものとします。
 被験者の健康に関わるデリケートな内容であることを鑑み、タイプチェックを慎重かつ厳密に実施するように心がけてください。

[セラピーマスター級、マスター級トレーナーが行なう4スタンスタイプ・チェック]
 セラピーマスター級およびマスター級の公式レッシュ・トレーナーは、他者全般に対して4スタンスタイプ・チェックを行うことができます。この判定結果の取り扱いについては、人の健康にかかわる可能性もあることから、慎重かつ厳密に取り扱ってください。誤判定や誤った伝達などがないよう徹底した管理をお願いします。万が一誤判定などがあった際の責任は試験者本人が負うものとします。

[4スタンスタイプ・チェック実施の注意]
 4スタンスタイプの判定においては、タイプを知ること自体が最終的な目的ではなく、自分のタイプに適った動きを知り、それらを実践することによって、個々の人間本来のナチュラルな動きを取り戻し、過剰な負荷や無理な部位の稼働を避け、安全に(健康に)生来の能力を余すところなく発揮できるようにすることこそが大切です。
 4スタンスタイプチェックは、個々の人間の生来の特性を判定することであり、その人の人生にとって非常に大切かつ重大な影響を及ぼし得る出来事ですので、他人のタイプ判定に関しては、万全の慎重を期してください。
 身体の安全にかかわることですので、万全の準備と心得を以って実施することを心がけてください。
 また、他人への4スタンスチェックは、リポーズエクササイズ指導、スポーツ指導、日常動作指導など、他の動作指導と共に実施するようにしてください。

*4スタンスタイプの判定作業における万全の慎重さを徹底する:
・人の身体は歪みやストレスにより、本来の動作特性が妨げられているケースがあることを肝に銘じて行う。
・タイプの判定能力に関して日々努力を行い、絶対の精度を期する。

*4スタンスタイプ判定をレッシュ理論に基づく動作指導の一環とする:
・有料による4スタンスチェックのみのサービスは行なわない。
(単にタイプを知ることのみを目的とする指導は好ましいものとはいえません。リポーズエクササイズ、スポーツ、日常動作の指導などと共に実施するようにしてください)
・無料であっても、できるかぎりタイプチェックだけでなく基本的な動作指導と共に行なう。

[他者への4スタンスタイプ・チェックの方法の指導]
 一般の方々に対し、4スタンスタイプチェックの方法や技術を具体的に指導することを原則として禁じます。とくにコミュニティや組織、集団の指導的立場、リーダー的立場にある人物に対し、公式レッシュ・トレーナーがタイプチェック法を指導することは、当該人物において、その後は自由に、レッシュ・プロジェクト公認の名の下に、タイプチェックを行うことができるとの誤解(ミスリード)を誘う可能性が高いので特に注意してください。
具体的なチェック方法については明言を避け、各タイプの特性の違いを示し、「諸々の動作のカタチからタイプ特性を垣間見ることができる」などの表現にとどめると良いでしょう。さらに、一般の方々に対して「精度の高いチェック技能を会得するには公式トレーナーになることが必須で、レッシュ・プロジェクトにおける所定のトレーニングを積まない未熟な状態でのタイプチェック等は、百害あって一利なし」であることを理解してもらうことが大切です。
 4スタンス理論を含む廣戸聡一のレッシュ理論が、他人の身体を扱うデリケートな問題であること、また、一般社団法人レッシュ・プロジェクトにより正式に認可(認定)を受けたレッシュ・トレーナーのクオリティを保証するための措置として、これらは非常に重重要なことです。

 

【雑誌、インターネットなどメディアでの発信、被取材等】

 「公式レッシュ・トレーナー規約」
以下を併せてお読みください。
 第5条 各階級公式トレーナーの主な権利
 第6条 団体・組織に所属する公式レッシュ・トレーナーの活動規約
 第7条 レッシュ・トレーナー全般規則

[メディアでのレッシュ理論の論説の発信]
 一般社団法人レッシュ・プロジェクトが認定する公式レッシュ・トレーナーに与えられた権限は、原則として現場において、他者へ指導することのみに与えられています。
 また、レッシュ理論は、公式に発表された理論体系にいささかでも足し引きや誤解等があれば、わずかながらも深刻な瑕疵を生み、それが大きな亀裂へとつながります。
 公式レッシュ・トレーナーは、それぞれの専門分野においてレッシュ理論を活用するための研鑽を積んでいることは承知ですが、アレンジを施したものを文面にて発信し、ましてや実践することにより、レッシュ理論の中身が本来のあり方ないし目的から外れてしまうことがしばしば起こっています。これにより他の公式レッシュ・トレーナーに多大な迷惑をかける可能性もあります。過去には、発信された文面や動画の間違いから多方面に迷惑をかけた前例があります。
 弊法人は、このような事態を、レッシュ理論やトレーナー資格認定制度の根幹を揺るがしかねない極めて深刻なものと捉えています。
 つきましては、書籍、雑誌などの紙媒体、テレビ、インターネットサイト、ウェブテレ
ビ、DVD、CDなど媒体の如何を問わず、不特定多数の人々へのレッシュ理論(4スタンス理論含む)の具体的な理論説明や技術に関する論説、解説やこれらに類する情報を発信することは、レッシュ理論がヒトの身体にかかわるデリケートな内容を含むことに鑑みて、レッシュ・プロジェクトの事前の許可を得ない限り、決して行わないようにしてください。
 レッシュ理論は、ヒトの身体、場合によっては未来のある若者の一生をも左右しかねな
い、極めてデリケートな内容を含む理論体系ですので、現場におけるレッシュ理論に基づく指導は、十分に慎重を期したうえ、相手と対面のうえ、口頭で行うようお願いします。
 なお、技術書(書籍、インターネット含む)などの制作・出版に関しては、レッシュ・プロジェクトが窓口となって個別に対応しますので、一般社団法人レッシュ・プロジェクトまで問合せください。無断での禁止行為が発覚するとレッシュ・トレーナー規約違反として罰則(処分)の対象となりますので、くれぐれも慎重に対処ください。

[メディアから取材を受けることと事前報告]
 マスター級以上のトレーナーに限り、雑誌、インターネットなど定期および不定期発行メディアの取材を受けてレッシュ理論の説明、指導を行なうことが可能です。ただし、レッシュ・プロジェクトへの事前報告、レッシュ・プロジェクト事務局の承認、同事務局による掲載前の文章等の校正等が必須条件となります(ほか、必要な場合にはレッシュ・プロジェクトとの契約を締結していただきます)。
 雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどのメディアから取材依頼を受け、レッシュ理論についての説明、指導を求められた際は、必ず事前にレッシュ・プロジェクト事務局へ報告し、承認を得てください。企画内容や媒体によっては、被取材依頼であっても承認できかねる場合があることを了承ください。
 また、事前報告に際しては、媒体名、掲載(放送)日、企画内容をできるだけ早期かつ詳細に報告ください。ファックス、メールなどの文書による報告のみ有効とします。
 報酬の発生する取材に関しては、レッシュ・プロジェクトとの協議及び契約の別途締結が必要となる場合がありますので、必ず事前に詳細を報告するようにしてください。

[記事の校正]
 取材者に申し入れるなどし、取材内容等が媒体に掲載される前に、文章、写真、イラストなどがレッシュ・プロジェクト事務局の事前の校正を経る機会を得られるよう手続をなってください。
 また、事務局と取材素材(原稿や音声、映像等)のやりとりは、原則としてトレーナー本人が間に立って行うようお願いします。
 各自において、レッシュ理論が身体に関わるデリケートな内容を多く含んでおり、誤解、誤表示及び誤描写などが無いよう慎重を期す必要があることをくれぐれも認識ください。
 また、テレビ、ラジオなど放送前の事前校正が特に難しいと思われるものに関しては、別途ご相談ください。また、事前に、なんらかの形で放送内容や企画の詳細を報告するよう心がけてください。

 

【広告・看板・名刺などの表記】

 「公式レッシュ・トレーナー規約」
以下を併せてお読みください。
 第5条 各階級公式トレーナーの主な権利
 第6条 団体・組織に所属する公式レッシュ・トレーナーの活動規約
 第7条 レッシュ・トレーナー全般規則

 一般社団法人レッシュ・プロジェクトから認定を受けた公式レッシュ・トレーナーは、個人の広告や看板、名刺、インターネットなどで「レッシュ・プロジェクト公式トレーナー」である旨を表記することができます。

[表記の方法]
 広告、看板、名刺、インターネットなどで表記する際は、必ず「(一般社団法人)レッシュ・プロジェクト」(「一般社団法人」の記載は自由、英文可)の表記と、トレーナー階級名(セラピーマスター級、マスター級、コーチ級、プレイヤー級:英文可)を併記ください。

[使用できるロゴ]
 一般社団法人レッシュ・プロジェクト作成による公式『レッシュ・トレーナーズ・ロゴ』を使用できます。トレーナー名表記と併せて記載ください。フェイスブック、ツイッターなどのSNSやホームページ、メールの顔写真欄やファビコン(シンボルマーク・イメージ)での使用は不可とします。
 上記ロゴを広告・看板、名刺、インターネットなど以外で使用したい場合には、必ずレッシュ・プロジェクト事務局事前に報告のうえ、相談して許可を得てください。
 『レッシュ・トレーナーズ・ロゴ』は、データのみの配布となります。配布希望の方は、メールにて「氏名」、「ID番号」、「トレーナー階級」、「使用目的」を表記のうえ申込みください。
 『レッシュ・トレーナーズ・ロゴ』の譲渡(有償・無償の別を問わない)、貸与、その他形式の如何を問わず他人にこれを使用させること、及びロゴの加工(画像及び文字のいずれも)は一切禁止しますのでご注意ください。不正使用が発覚しますと、レッシュ・トレーナー規約違反として罰則(処分)の対象となります。
 『レッシュ・トレーナーズ・ロゴ』は、レッシュ・プロジェクト公式サイトなどで使用されている白色と赤色の公式『レッシュ・プロジェクト・ロゴ』とは異なります。
こちらの『レッシュ・プロジェクト・ロゴ』は、一般社団法人レッシュ・プロジェクトと契約を締結した商品や企画にのみ記載が許可されますので、レッシュ・トレーナーとしての使用はできないことに十分注意してください。
 各人の名刺は独自のフォーマットで構いませんが、『レッシュ・プロジェクト・ロゴ』の文字ないし画像(これらを改変したものも含む)や、レッシュ・プロジェクト事務所や廣戸道場の名称、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス等の使用は一切認められません。

  公式レッシュ・トレーナー規約

  トレーナー各階級権利比較表

[所属する団体・組織の広告]
 公式レッシュ・トレーナーが一般企業、公的機関を問わず団体・組織に所属していても、当該団体や組織等が、「4スタンス(理論)」を含むレッシュ理論関連の登録商標及び「レッシュ・プロジェクト・ロゴ」又は「レッシュ・トレーナーズ・ロゴ」を広告等にレッシュ・プロジェクトの許可なく掲載することは禁じられています。掲載希望の際は、個別に団体・組織担当者からレッシュ・プロジェクト事務局へ連絡いただき、交渉、契約のうえ許可を得てください。
 また広告表記やレッシュ理論を活用しての業務を行なう際には、法人・個人の別を問わ
ず、トレーナー規約『団体・組織に所属する公式レッシュ・トレーナーの活動規約』を遵守ください。

  団体・組織に所属する公式レッシュ・トレーナーの活動規約

 

【レッシュ・プロジェクトからの通知について】

 一般社団法人レッシュ・プロジェクトでは、原則として、弊法人からのお知らせをすべて電子メールを通じて配信しています。必ず通知用の電子メールアドレスを用意し、レッシュ・プロジェクト事務局に登録ください。
 弊法人からの重要なお知らせ以外にも、トレーナーとして役立つ情報などをメールマガジンとして配信していますが、この配信を希望しないトレーナーは、レッシュ・プロジェクト事務局へ「メールマガジン配信解除希望」の旨をお伝えください。その際も重要なお知らせの配信は続行されます。



 
bar02
  reash